=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=光陰
 一行でも二行でも  日々、御書を拝せ!
  自らの境涯を  もう一歩開くのだ! (from わが友に贈る)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=矢の如し
予言について(改訂)
世紀末に、予言が流行った。
兆候をもって、未来のある結果を予想することは、科学的立場である。

歴史が決定論的であると仮定し、予言者に未来を見るパワーがあるとすれば、
終末論的な予言は「残酷」でしかない。

歴史は決定論ではない、と思う。
この場合、予言者に力があるとすれば、その予言は「無責任」でしかない。

これまで、1999年終末論などがあったが、いまは見る影も無い。

そもそも、百歩ゆずって予言者に力があるとしても、
将来起こりうることを年月日を予測することなど、
カオスが渦巻く現実では、百メートル先の針の穴に糸を通すようなものではないか?

UFOなどの超常現象においては、
「万人の前で必ず同様の事象を起こせる」
という実験が、これまで世界の誰にもできなかったことから、
物理的な意味では、予言は存在しないと結論せざるを得ない。
[PR]
by superserver | 2006-02-20 02:35 | コラム
<< 「祈り」を科学で捉えるための試... ブログ座談会     じゃなく... >>



毎日の御書配信をしております(携帯にも対応!是非ご登録をお願いいたします)。当BLOGのコメント欄はSPAM対策で停止しております。御用の方は下記の連絡用掲示板に書き込んでください。
by superserver
リンク帳。
その他のジャンル
ブログパーツ
カテゴリ
全体
御書
学会
コラム
聖教から
火星人
ネット論
その他
書きかけ
仕事
未分類
最新の記事
続編!創価系ブロガーに捧げた..
at 2012-03-16 02:39
創価系ブロガーに捧げたい「敵..
at 2012-01-01 00:37
折伏の鉄人…というテキストが..
at 2010-12-28 22:13
「仏法」と「王法」の違いは何..
at 2009-11-28 22:22
河合師範について
at 2009-11-18 11:11
以前の記事
2012年 03月
2012年 01月
2010年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧