=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=光陰
 一行でも二行でも  日々、御書を拝せ!
  自らの境涯を  もう一歩開くのだ! (from わが友に贈る)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=矢の如し
「祈り」を科学で捉えるための試論的メモ
まず、古典的な科学の常識・世界観でいうと、
祈りの主体は、動物である個人、その主体は、タンパク質集まりにすぎないノウミソ。
しかし祈りの対象は、自身のことにとどまらず、おこがましくも外界全てにかかわる。
個人の影響の対象は、物理的に影響を与えられる範囲であり、それ以外の関係性はありようがない。
従って、祈りなど叶うはずがない。それは思い込みかオカルトか、手品である。
てな感じかな。

で、仏法では、その「常識」「世界観」がちゃいます。
一切の物質には、確かにニュートン力学も作用するが、それは十如是の「如是作」ともいうように、事象の一面に過ぎません。
仏法では、全ての事象(時間軸を含む全ての次元)において、ある「法則」がつらぬいていると説きます。
その法の正体が南無妙法蓮華経であり、この法にのっとることが、いわゆる宇宙のなかでの「世渡り上手」なわけです。そしてそれは「原因」「結果」の織り成す複雑な関係性でつながっていると説きます。
そしてその「法則」は、人間の生命にも通じる。通じるどころか、心が宇宙を包含していると説きます。(一念三千)
で、時間軸に関していえば、今という時は一瞬しかなく、我々は、今を生きる。まあ当然。
過去の宿業が原因となって、いま様々な現象があるかもしれませんが、現在の行動により、未来が決定されていくわけです。
だから、念じたことは、上記関係性により自己一身の事だけでなく、宇宙の一切に通じる。
よい原因をつめば、よい結果が起きる。
で、正しく祈って行動すれば、それなりの結果が出るわけです。ただしその関係性を科学的に証明せよと言われても、現在は不可能であるし、直接あるいは間接的に統計をとるのも難しい。信じるしかないわけですが、まさにその「信」こそが願いをかなえるための要になっています。

で、蛇足ですが、科学を越えることはあっても、矛盾するわけではないっす。
科学的世界観自体も、ニュートン力学から、それでは説明しきれない相対性理論への発展があり、量子力学も相対性理論からは矛盾といえます。
これが昇華されゆく先が、一念三千であってもなんら矛盾はないわけで、むしろ科学が仏法を証明していくというロマンもありかな、と思ったりします。
[PR]
by superserver | 2006-02-21 21:46 | コラム
<< 学会に関する質問等も受け付けます 予言について(改訂) >>



毎日の御書配信をしております(携帯にも対応!是非ご登録をお願いいたします)。当BLOGのコメント欄はSPAM対策で停止しております。御用の方は下記の連絡用掲示板に書き込んでください。
by superserver
リンク帳。
人気ジャンル
ブログパーツ
カテゴリ
全体
御書
学会
コラム
聖教から
火星人
ネット論
その他
書きかけ
仕事
未分類
最新の記事
続編!創価系ブロガーに捧げた..
at 2012-03-16 02:39
創価系ブロガーに捧げたい「敵..
at 2012-01-01 00:37
折伏の鉄人…というテキストが..
at 2010-12-28 22:13
「仏法」と「王法」の違いは何..
at 2009-11-28 22:22
河合師範について
at 2009-11-18 11:11
以前の記事
2012年 03月
2012年 01月
2010年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧