=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=光陰
 一行でも二行でも  日々、御書を拝せ!
  自らの境涯を  もう一歩開くのだ! (from わが友に贈る)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=矢の如し
カテゴリ:御書( 4 )
「仏法」と「王法」の違いは何か~「仏法」の方がかなり恐ろしい話
仏法では、因果の理法で罪があれば必ず罰せられる、と説きますね。
社会でも法律を守らず罪を作れば、罰せられるのが当然。
同じ「法」でも、「仏法」に対して「王法」といった言い方をします。

では「仏法」と「王法」の違いは何か?当然、宗教と社会、という単なる「カテゴリー」上の違いはあるのですが、その効果と影響についてより深く考えて見たいと思います。

まず一つは、「王法」では「逃げおおせることができる」事が大きな特徴でしょう。執行には人間の力を必要としますから。それに対して仏法からは逃げられない。「天網恢恢疎にして漏らさず」ですね。
そして、「王法」では冤罪というミスも起きる。仏法では、裁きは正確に行われますね。究極の公正さです。

そして、これが最も大事だと思うんですが、「王法」では「心の動き」まで察知して罰することはできない。
強盗やテロを準備したという「事実」があれば逮捕できますが、やろうかな、と心で考えただけでは罪にならない。
これに対して仏法では「身口意の三業」と言って、「意」つまり「心の動き」も「業」に刻まれる、つまり悪いことを考えるだけでも罪だ、と説きます。

考えてもみてください。これ、実に恐ろしい(笑)
通常、我々は「あいつなんか死んでしまえばいいんだ」などと「思ったり」はしますが、口には出さない。
え、思いもしないって?( ̄□ ̄;)<私だけ…
「あの野郎」「ちくしょー」「エコエコアザラク・・・」って思ったことないですか?え、ない?

まぁ、いずれにせよ、「考えるだけで罪になる」なんて規範は現代の社会生活では植えつけられませんから、思考だけは自由に行う癖がついている。
ここ、注意が必要だと思うんです。

「お釈迦様でも気がつくめぇ」などという罰当たりな言い回しもありますが(笑)
仏法においては心の中までもが「法の裁き」の対象になっていることを意識すべきでしょう。
しかも「同生同名天」という報告役が常に監視しているという。一日2交代(笑)
御書には、「人の身には同生同名と申す二のつかひを天生るる時よりつけさせ給いて影の身にしたがふがごとく須臾もはなれず」と。(同生同名御書p1115)

更に仏法では「敵を攻めない」と罪です(笑) 戦場の逃亡兵にでもならないかぎり、王法ではそこまでは裁けませんね(笑)
御書には、「悪法を以て人を地獄にをとさん邪師をみながら責め顕はさずば返つて仏法の中の怨なるべしと仏の御いましめのがれがたき」(頼基陳状p1156)また、「法華経の敵を見ながら置いてせめずんば師檀ともに無間地獄は疑いなかるべし」(曾谷殿御返事p1056)と、厳しい。

まぁ、だからといってガチガチになって牙むいて、毎日をおくらなきゃいけない、という事ではなくて(笑)
仏法者の生活は本来、「無作」であるべきでしょう。
そこににじみ出る仏性があればいい。悪を攻める勇気、同志を憎まない勇気。
どんな相手にも、自然と「幸せになってほしいな」と思うようになればしめたもの。では、どうすればいいのか?
これも御書にあります。

一念に億劫の辛労を尽せば本来無作の三身念念に起るなり(御義口伝巻下p790)

結局は日々の活動の中で、しっかり修行していく所に、自然と具わっていくんだな、と。
[PR]
by superserver | 2009-05-17 02:08 | 御書
御書配信をしていて、悲しくて嬉しかった事
御書の配信をしていると、読者の方から叱咤激励、励まし、悩み相談、ラブレター、不幸の手紙、爆破予告など色々なメールをいただけて楽しいんです。…あ、後半は冗談で(笑)
で、最近、こんなメールをもらいました。(ご本人の許可を得て転載)

「去る**日、母が癌で亡くなりました。
66年という生涯ではございましたが、癌に対してただの一歩もひるまず、最後まで笑顔で明るく強く、妙法の剣を振りかざし闘い抜きました。
また、自らの使命をすべて果たしきっての旅立ちであったと確信しております。誰が見ても疑う余地のない、大変見事な成仏の相を見せてくれました。
母も毎日楽しみにしておりました御書の配信でしたが、間もなく母の携帯も解約となりますので、この後解除させて頂くことにします。
母に代わりまして、一言感謝の意をお伝えしたく、メールさせて頂きました。」

私のメルマガを読んでくださっていた方の訃報というのは初めてでした。読んでいて涙が出ました。まるで、旧知の友人を失ったような衝撃でした。
同時に、彼女は病気に勝ち、成仏の相という、どんな富でも権力でも得られない勝利の姿を示され、また立派な後継者を育成して旅立たれた、という峻厳な事実。ショックの涙は、今度は感動の涙に。もうグショグショ(笑)
で、息子さんが、わざわざお母さんの携帯のメルマガの管理人にお知らせをくれるってぇのが、いいじゃないですか!男子部でしょうか。壮年部の方でしょうかね。すごいですよ。やっぱり創価は。彼のメールには悲壮感など微塵も無く、周りに薫風を残して旅立ったお母様が後ろにいるようでした。

誰にでも、一度は訪れる「死」です。「生も歓喜、死も歓喜」を証明するような一生のピリオドを、最後に打てる自分でありたいと思います。

あ、宇宙人でも死なないというのはムリですからね(笑)
[PR]
by superserver | 2008-11-27 00:00 | 御書
御書関連のご意見はこちらへ

御書配信に関するご意見やご要望を受け付けております。
質問等も、受け付けますが、なにぶんにも不勉強なもので、しっかり答えられるかどうかは定かではありません…(≧д≦)

御書に通解をいれろとのご指摘をよく頂戴しますが、実は携帯用メルマガの文字数制限により、135文字までとなっており、通解を入れることはほぼ無理なのです。で、いつもつまらないコメントをいれているわけです。
この点はどうかご容赦下さい。

現在、コメント停止中ですので、全てのご意見、ご要望は、鯖板へ。(http://jbbs.livedoor.jp/movie/8831/)
[PR]
by superserver | 2006-02-18 07:17 | 御書
ぶろぐはじめました。
冷やし中華はじめました。


ぶろぐはじめました。
SuperServerと申します。

かねてより「毎日の御書」をメルマガにて配信しておりますが、何とブログをはじめてしまいました。(てゆうか、2回目。前回は途中で挫折してしまいました。)
メルマガの方は携帯対応なので、文字数の制限があり、なかなか思ったことを書ききれない、また、読者の方からのコメントを受けにくいという制約がありました。
BLOGなら、文字数にかかわらず書けますし、コメントもいただけますからね!

めるまがの方は、ありがちの、うざったい広告はありませんし、もちろん、罰を受けないように、完全非営利でやっております。
よろしければ、「あの人にも毎日御書を読ませたい!」
と思うかたにも紹介してください。
もれなく福運をGETできますよ(´・∀・`)ヘー

→登録はこちら

そもそも自己研鑽のためにはじめた配信です。
毎日休まずがんばっています。
お気づきの点がございましたら、叱咤激励・御指導御鞭撻の程、よろしくお願いいたします。
[PR]
by superserver | 2006-02-18 06:34 | 御書



毎日の御書配信をしております(携帯にも対応!是非ご登録をお願いいたします)。当BLOGのコメント欄はSPAM対策で停止しております。御用の方は下記の連絡用掲示板に書き込んでください。
by superserver
リンク帳。
その他のジャンル
ブログパーツ
カテゴリ
全体
御書
学会
コラム
聖教から
火星人
ネット論
その他
書きかけ
仕事
未分類
最新の記事
続編!創価系ブロガーに捧げた..
at 2012-03-16 02:39
創価系ブロガーに捧げたい「敵..
at 2012-01-01 00:37
折伏の鉄人…というテキストが..
at 2010-12-28 22:13
「仏法」と「王法」の違いは何..
at 2009-11-28 22:22
河合師範について
at 2009-11-18 11:11
以前の記事
2012年 03月
2012年 01月
2010年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧