=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=光陰
 一行でも二行でも  日々、御書を拝せ!
  自らの境涯を  もう一歩開くのだ! (from わが友に贈る)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=矢の如し
<   2008年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
御書配信をしていて、悲しくて嬉しかった事
御書の配信をしていると、読者の方から叱咤激励、励まし、悩み相談、ラブレター、不幸の手紙、爆破予告など色々なメールをいただけて楽しいんです。…あ、後半は冗談で(笑)
で、最近、こんなメールをもらいました。(ご本人の許可を得て転載)

「去る**日、母が癌で亡くなりました。
66年という生涯ではございましたが、癌に対してただの一歩もひるまず、最後まで笑顔で明るく強く、妙法の剣を振りかざし闘い抜きました。
また、自らの使命をすべて果たしきっての旅立ちであったと確信しております。誰が見ても疑う余地のない、大変見事な成仏の相を見せてくれました。
母も毎日楽しみにしておりました御書の配信でしたが、間もなく母の携帯も解約となりますので、この後解除させて頂くことにします。
母に代わりまして、一言感謝の意をお伝えしたく、メールさせて頂きました。」

私のメルマガを読んでくださっていた方の訃報というのは初めてでした。読んでいて涙が出ました。まるで、旧知の友人を失ったような衝撃でした。
同時に、彼女は病気に勝ち、成仏の相という、どんな富でも権力でも得られない勝利の姿を示され、また立派な後継者を育成して旅立たれた、という峻厳な事実。ショックの涙は、今度は感動の涙に。もうグショグショ(笑)
で、息子さんが、わざわざお母さんの携帯のメルマガの管理人にお知らせをくれるってぇのが、いいじゃないですか!男子部でしょうか。壮年部の方でしょうかね。すごいですよ。やっぱり創価は。彼のメールには悲壮感など微塵も無く、周りに薫風を残して旅立ったお母様が後ろにいるようでした。

誰にでも、一度は訪れる「死」です。「生も歓喜、死も歓喜」を証明するような一生のピリオドを、最後に打てる自分でありたいと思います。

あ、宇宙人でも死なないというのはムリですからね(笑)
[PR]
by superserver | 2008-11-27 00:00 | 御書
幽霊とは何だ?
斧板で話題になった話し。「なぜ幽霊は見えるのか?」

あたしゃ、見えません(涙) 見える人には見えるらしい。
「じゃぁ、ここへ連れてきて見せてくれ」と言っても、できる人に会ったことがない(笑)
あるか、ないか、という議論をすれば、見える人にとっては「在る」とも言えるし、私にとっては「在る」とは断言できませんわな。
で、突き詰めていくと「心は存在するか」という議論になっちゃうので、この辺で。

さて、私見ですが、霊が本当に見える、という現象は、「脳による固体生命信号の誤受信」ではないか、と思うんです。

「法華経の智恵」という書籍で、「生命は宇宙に遍満する、テレビの電波のようなもの」といった記述があったかと記憶していますが、この生命観からいえば、「自分が自分として、今までの記憶、宿命、福運などを受け継いで生きている、という事は、宇宙の生命から自分という生命を受信して、生活している」といえるかと思います。

周波数を間違えて、他人の電波を受信してしまうと、大変。人格がすっかり変わっちゃう(笑)

で、その電波の受信調整が、生まれつき混信を起こしやすい、といったものが「霊感」ではないかと。

そもそも脳の働きというものは、簡単に言うと、「檻に閉じ込められた猛獣」ではないかと思っております。失語症の患者さんが、すっごい絵を書いて見せたり、天才的な音楽家だったりしますよね。あれって、何かのトラブルで、言葉の部分にタガがはまり、そのかわり他の部分でタガが外れたのではないかな、などと素人なりに単純に考えてしまいます。
天才的な人のお話を聞いていると、「すげーなー」「マネできないなー」と思うのですが、実は、「出来ない」と思い込んでいるだけで、実はものすごく働き者な脳さんを、「働かせすぎない」ようにセーブしているだけではないでしょうか。

よーし、俺にもできるんだ。がんばるぞ、地球征服(笑)

あ、それで、「霊感」の話に戻りますと、これもタガの外れた「エラーにより得られた能力」と定義することもできますが、いかんせん「エラー」ですから、正常な働きではありません。

従い、霊感の強い人は、信心をするとエラーが修正され、霊感が弱まる、あるいは無くなるという現象が見られるはず…

まわりの霊能者で、「入信したら、めっきり霊が見えなくなった」という人、いませんか(笑)
[PR]
by superserver | 2008-11-09 00:01 | コラム



毎日の御書配信をしております(携帯にも対応!是非ご登録をお願いいたします)。当BLOGのコメント欄はSPAM対策で停止しております。御用の方は下記の連絡用掲示板に書き込んでください。
by superserver
リンク帳。
人気ジャンル
ブログパーツ
カテゴリ
全体
御書
学会
コラム
聖教から
火星人
ネット論
その他
書きかけ
仕事
未分類
最新の記事
続編!創価系ブロガーに捧げた..
at 2012-03-16 02:39
創価系ブロガーに捧げたい「敵..
at 2012-01-01 00:37
折伏の鉄人…というテキストが..
at 2010-12-28 22:13
「仏法」と「王法」の違いは何..
at 2009-11-28 22:22
河合師範について
at 2009-11-18 11:11
以前の記事
2012年 03月
2012年 01月
2010年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧